ウールの靴下は温かい

足先の冷え対策にはウールの靴下が最適

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え症につきものなのが、足先の冷えですよね。辛い末端の冷え、これを解消する強い味方となるのが、ウール製の靴下です。保温性が高く、優しく足全体を包み込んでくれますし、吸湿性も高いから蒸れることもありません。このような理由から、冷え性対策には羊毛製のソックスがおススメです。

冷え症の方にはウールの靴下がぴったり


冷えは手足の先からやってきます。特に心臓から一番遠い足先は、体温が低くなりがちです。辛さのあまりに、靴下を何重にも重ねて履いている人も少なくないようです。

しかし、このような方法は、圧迫によって血流を悪くしますし、蒸れてしまって汗で冷えてしまう危険性があります。羊毛でできた靴下なら、このようなデメリットがなく、温かく過ごすことができますよ。

ウールの靴下の特徴は、以下の3点です。

  • 1.温かい
  • 2.圧迫しない
  • 3.蒸れない

順に説明していきましょう。

スポンサーリンク


1.保温性が高い


暖かさを保つ秘訣、それは空気の層を作ることです。建物の断熱材などには、空間が豊富に含まれている発砲スチロールなどが使われています。空気は熱をシャットアウトする働きを持っているのです。

羊毛はふんわりしていることからも分かるように、空気をたくさん含んでいます。ウールは保温性が非常に高いのです。また、化学繊維などと比べると、触った時のひんやりした感じもほとんどありません。

2.締め付けが弱い


ウールは、ゴムのように圧迫する作用を持っていませんから、血流を阻害しません。冷え性の方にとって、これはかなり大きなメリットと言えます。

冷えは、血行が悪化することによって引き起こされます。下手に重ね履きなどをしてしまうと、血行不良がさらに悪化してしまうのです。毛糸製の靴下なら、このような心配は一切不要です。

3.吸湿性が高い


冷えていると、汗をあまりかかないと思いがちです。しかし、足の裏からは常に汗が出ています。化学繊維などでできている靴下を履いてしまうと、汗が吸収されずさらなる冷えの原因となってしまうのです。ウールは、化繊・綿・麻などと比べて、高い吸湿性を誇っています。

湿っぽくなりづらいので、汗をかいても冷えの原因になりません。一般に、冷え症の方は就寝時に靴下を履いてはいけないと言われています。締め付けられ血流が悪くなり、汗で冷えてしまうからです。しかし、ウール製の場合には、上記2・3の特徴を備えていますから、寝る際に用いることもできます。

※『靴下を履いて寝るのは良くない』も参照

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加