女性に冷え性が多い理由について

冷え性が女性に多いのにはわけがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は男性もだいぶ増えてきたようですが、冷え性で悩んでいる方の多くは女性です。女の方の2人に1人は冷えで苦しんでいるというデータもあります。どうして女の人の方が冷え性が多いのでしょうか?

それには様々な理由があります。

  • 1.筋肉の量
  • 2.食事の嗜好の問題
  • 3.ファッション
  • 4.女性ならではの身体の特徴

順番に説明していきましょう。

1.筋肉量


一般的に女性は男性よりも筋肉の量が少ないです。この身体の構成の違いが、冷えの大きな原因となっています。筋量が少ないと、筋肉から生み出される熱の量も少なくなるからです。

運動不足を実感している方は、まずは日常生活の中で、運動を積極的に取り入れるようにしましょう。適度な筋肉をつけることで、基礎代謝(じっとしていても消費するカロリーのこと)も増えて痩せやすくなるというメリットもありますよ。

※『筋力トレーニング』も参照のこと

2.食事の好み


体型を気にする方は、女性の方が多いようです。そのため、無理なダイエットなどで栄養バランスが偏りがちとなります。また、肉などを好む男性と比べて、パンやパスタなどの炭水化物中心の食事を好む傾向にあるようです。

※小麦は、身体を冷やす作用を持っています。『体を冷やす食べ物』参照

このような食事の傾向が、冷え性の一因となっているのです。食生活の乱れは、冷えの大きな原因となっています。偏った食生活を改善していくことが重要です。

※『食生活の乱れ』参照

3.服装


ファッションの問題も、冷えに関係してきます。女性だけが着るような、腹部・脚を露出するような服装などは冷えに直結します。また、ボディラインにぴったりとくっつくような服装も、血流を悪くして冷え性を招く原因となってしまいます。

4.女性特有の問題


女性にしかない事情もあります。それは、月経です。毎月出血を伴う生理があるため、どうしても鉄分が不足して貧血になりやすくなってしまいます。これによって血液の作用が弱くなり、冷えが起こりやすくなってしまうのです。

※『貧血と冷え性の関係』参照

更年期や出産前後などには、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。この時期には、手足や腰が冷えているのに頭がのぼせたように熱くなるという独特の症状が出ます。特に、更年期は長い期間症状に苦しめられる人も少なくないようです。ホルモン剤などによる治療方法も出ていますので、婦人科などで診察を受けるとよいかもしれません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加