体を温める食べ物について

体を温める食べ物を食生活に取り入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国から伝わった薬膳という発想をご存知でしょうか?食べ物を薬と同じものだと考え(医食同源)、食によって症状を緩和・治療していこうとする考えのことです。

薬膳では、食べ物を身体を温める「陽性」のものと、冷やす「陰性」の2つに分類しています。漢方なども、この考え方に基づいた調合をしています。

このページでは、身体を温める働きを持っている食材を紹介していきます。冷え性の方は、体を温める食材を意識して摂取していくとよいでしょう。

肉・魚類


肉や魚は、どれも体温を上げる作用を持っています。特に効果があるのは、以下のような食材です。

◎→羊の肉・鶏肉・鶏のレバー・豚のレバー・鹿肉・まぐろ・サケ・サバなどの青魚類(イワシ・アジ・サンマ・カツオなども)・えび・明太子

野菜類


以下の根菜類は体を温めます。

◎→ニラ・ネギ・たまねぎ・らっきょう・かぶ・じゃがいも・レンコン・ニンジン・サツマイモなど

他にも、以下のような野菜が温熱作用を持っています。

◎→かぼちゃ・からし菜・アスパラガス・小松菜・菜の花・パセリ・ピーマン

※なお、一部の根菜類は体を冷やします。詳しくは『体を冷やす食べ物』のページをご参照ください。

基本的に、夏に取れる野菜は身体を冷やす作用があるので、注意をしましょう。

×→ナス・キュウリ・トマトなど

フルーツなどは、暑い地方でとれるものは身体を冷やしてしまいますので、避けるようにしましょう。

×→バナナ・スイカ・キウイ

スポンサーリンク


調味料類


辛みを持っている調味料は、冷え対策にぴったりです。

◎→生姜・シナモン・唐辛子・胡椒・山椒・にんにくなど

特に生姜や唐辛子は、すぐに身体を温めることができるので活用していきましょう。

※『すぐに体が温まる食べ物』も参照

甘みを持っている調味料の中では、黒砂糖が陽性を持っています。これに対して、白砂糖は身体を冷やすので注意をしましょう。

飲料類


普段わたしたちが飲むものの中では、紅茶が身体を温めてくれます。同じお茶でも、緑茶などは冷やす作用があるので留意しておきましょう。

酒・ワインなどのアルコール類も血流を促進して、ぽかぽかにしてくれます。善玉コレステロールを増加させ、血行を良くするからです。冷たくしたビールなどより、熱燗やホットワインなどを摂取するようにするといいでしょう。

◎→紅茶・酒・ワイン・紹興酒・ココナッツミルク

その他


このほかに、温熱作用があるものは、以下のようなものです。

◎→もち米・クリ・桃・大豆油・ピーナッツ油・サフラワー油・豆類

同じ食材でも、調理・加工方法によっては全く逆の作用を示すことがあります。たとえば、ギンナンは焼くと身体を温め、煮ると冷やす働きがあることが知られています。この他には、豆類は全般的に体温を上昇させますが、豆腐にすると冷却作用を持つようになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加