靴下を履いて寝るのは冷え性に逆効果

靴下を履いて寝ると血行が悪くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え症の方は、足の先が冷えて寝付けないという方も多いでしょう。そんな方の多くは、寝る際に足先を温めるために靴下を履いて寝ているようです。

しかし、就寝の際に靴下を履くのは良くありません。足が締め付けられて、血流が悪くなりさらなる冷えを招いてしまうからです。どうしても冷えて眠れないという場合には、湯たんぽなどを活用していくとよいでしょう。

どうして良くないのか?


寝る際に靴下を履いてはいけない。このことは、かなり意外でショッキングな事実かもしれません。靴下を履いた方が温かいに決まってるじゃないの!と反論したくなる人もいるでしょう。どうして好ましくないのでしょうか。

足先が冷たく感じる理由は、末端にまでしっかりと血液が巡っていないからです。血流が悪くなり、そこに温かい血が流れ込まない。これによって、寒さを感じてしまうわけです。

靴下を履いた状態だと、足先全体が締め付けられて血管が圧迫されてしまいます。これによって、さらに冷えが悪化してしまうのです。さらに、蒸れてしまい冷えの原因となるという指摘もあります。暖かくしようとした結果、実は冷やす原因を作ってしまっているというわけです。

でも履いた方が楽になる…という方もいるでしょう。本当に靴下を履いたら温かくなっていますか?実はそう感じているだけで、そうではないかもしれません。実際、靴下を履かなければと感じるほどの人は、布団に入ってからも寒さを感じ続けているのではないでしょうか。その原因は靴下にあるかもしれませんよ。

靴下自体が悪いわけではない


ここで念のために言っておくと、靴下自体が諸悪の根源というわけではないということです。履くこと自体ではなく、締め付けられてしまうことが良くないのです。

ですから、ふんわりと包み込むだけのようなソックスは就寝の際に身に着けても構いません。最近では、冷え性の方向けに、締め付けがほとんどなく吸湿性のよい商品も発売されています。このページで説明していることは、あくまで一般向けの靴下の話です。

他の方法で温めるのがベスト


一番良い方法は、他の方法で直接足を温めることです。湯たんぽを足元に置いておけば、靴下を履くよりもずっと温かく寝付くことができます。

また、寝る前に足をお湯につけて寒さを取ってしまうというのも有効な方法でしょう。あらかじめ養命酒などを飲んで、体全体をポカポカの状態にすることも効果的です。

※『湯たんぽ』『薬用酒』参照

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加