冷え性を改善する方法について

冷え性の改善には生活習慣の改善が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性の主な原因には、食事の乱れ・過度のストレス・運動不足の3つがあります。多くの場合には、この3つの要素が重なり合って、体を冷やしています。

冷え性を改善するには、3つの原因それぞれに対処していく必要があります。冷え性は、体質を改善しないと根本的に良くなりません。ある程度長期のスパンで、治療に取り組んでいく必要があります。

改善策1:食生活の改善


乱れた食生活は、冷えの大きな原因となります。食事の種類・量・栄養バランスという3つの観点から、食事の内容を見直していくようにするとよいでしょう。特に即効性があるのは、食事の「種類」の見直しです。ショウガやトウガラシなどは、食べてすぐに体を温める効果があります。

※『すぐに体が温まる食べ物』で具体的な食材を紹介していますので、是非参考にしてください。

改善策2:ストレスを溜めない生活


度を超えた緊張状態が続いてしまうと、自律神経に影響が出てしまい冷えの原因となってしまいます。自律神経失調症は、冷え以外にも様々な体の変調を引き起こしてしまいます。

これを改善させるためには、ストレスを感じづらくする「ポジティブシンキング(プラス思考)」が重要となってきます。ストレスを感じたら、すぐに趣味やリラクゼーションなどで解消をするようにすることも大切です。弱った自律神経を回復させるためには、自律神経訓練法などの手法も有効です。

※『ストレス』も参照

改善策3:適度な運動


日頃から身体を動かして、筋肉をしっかり働かせることで、体が熱を生み出しやすくなります。運動をすることで血液の巡りが改善されますし、体のコリも取れます。また、筋量を増やすことで体内で生み出される熱の量も増えて、体温を上昇させる効果が期待できます。

短期で根本治癒は不可能


冷え性は、医学的には体質なのか病気なのかはっきりとしていません。いずれにせよ、冷えを根本的に改善しようと思ったら、生活習慣全体を見直して体質改善を図らなくてはなりません。

その場限りで「冷えの症状」自体を取り除くことは簡単ですが、それだけでは完治したとは言えません。冷えやすい身体を改造していかなければ、抜本的な解決とはならないのです。

1日や2日だけで解消しようと思うのではなく、もっと長い目でじっくりと冷え性対策に取り組んでいくことが重要です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加