すぐに体が温まる食べ物について

すぐに体が温まる食べ物を積極的に摂取しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

食材には、身体を温めるものと冷やすものの2種類があります。冷え性の方は、温める作用を持っているものを意識的に摂ることが重要ですが、寒くてしょうがないという場合には、温熱効果が特に高いものを摂取するとよいでしょう。このページでは、冷え対策に即効性のある食材を紹介していきます。

生姜


ショウガは、昔から身体を温める食材として活用されてきました。科学的な観点からも、高い温熱効果が確認されています。中に含まれる辛み成分が、交感神経を刺激して熱を生み出すのです。

生姜の主な辛み成分は、「ジンゲロール」と呼ばれるものです。殺菌力が高く、免疫能力をアップさせる効果もあります。これを加熱したり乾燥させたりすると、さらに温熱効果が高い「ショウガオール」という成分に変化します。

身体の芯から温めてくれるので、おススメです。成分は皮に多く含まれているので、丸ごと使うようにするとよいでしょう。ショウガの温熱効果は、3時間持続すると言われています。加熱・乾燥させた形で活用していきましょう。

唐辛子


トウガラシは、カプサイシンという成分が神経を刺激して、熱を生み出します。少量でもすぐ体が温まるのが特徴です。泡盛に漬け込んで作った沖縄の「こーれーぐーす」は、アルコールの作用も加わるので、特におススメです。最近では、カプサイシンを繊維に織り込んだ温熱靴下なども登場していますね。

カレー粉


香辛料には、身体を温める成分がたくさん入っています。これをまとめて摂取することができるのが、カレーです。クルクミンやピペリンなどの有効成分が入っています。寒い日にはカレーで決まりですね。

にんにく


精をつけたいときに食べるにんにく。そのイメージ通り、疲労回復・冷え撃退などの強い効果が期待できます。特に、100度以下で低温加熱すると、アホエンという強い血流促進効果のある物質ができるので、おススメです。

ホットドリンクで身体を温める


身体を温める作用を持つ食材などを、ホットドリンクと組み合わせて摂取すると、すぐに体温を上昇させることができます。特に、ショウガをお湯に溶かしたショウガ湯、アルコールを温めた熱燗・ホットワインなどは即効性・持続性があるので、冬の寒い日にはぴったりです。

ウィスキーにお湯・レモンを加えたレモンウィスキーや、卵酒・ねぎ酒などは昔から冷え対策に使われてきた飲み物なので、おススメできます。

生姜・唐辛子の2つは、冷え性撃退の定番なので、積極的に摂取していきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加