湯たんぽで冷え性対策

湯たんぽ

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜足が寒くて眠れない…そんな場合には、湯たんぽが役立ちます。布団をかぶっている状態で足を温めると、体全身の血行がよくなり、全身を暖めることができます。

湯たんぽで冷え解消


冷え性で一番つらいのは、夜寝る時ではないでしょうか。足先がとても冷たくてなかなか寝付けない、という方は非常に多いようです。寝付くことができても、寒さで目を覚ますなんてことも珍しくはないでしょう。

このような方におススメなのが、湯たんぽです。経済的ですし、手軽に温めることができます。どうして温かくなるのか、という説明は不要でしょう。

布団の中で、心地よい熱を発し続けてくれるので当然ですよね。布団の中で利用するので、熱も逃げづらく足元に置いておくだけで、体全身を温める効果があります。

湯たんぽを置く位置


湯たんぽは足元に置くのが一般的です。寝る際には、足元が一番冷えるからです。布団で横になっている際には、足と体が水平になっているので、全身の血の巡りが比較的良くなります。このため、足を温めるだけでも全身がぽかぽかとしてきます。

湯たんぽの効果をさらに高めるために


温熱効果をさらに高めたい場合には、羽毛布団を利用するとよいでしょう。通常の毛布・布団と比べて、羽毛布団は保温性能が非常に高いのが特徴です。「湯たんぽによって体温が上がる→羽毛布団が熱を保持してくれる→全身の温かさが続く」というよいサイクルが布団内部でできあがるわけです。

※『羽毛布団は温かい』も参照してください。

他には、寝る前に薬用酒を飲んでおくのも有効です。アルコールの作用で心地よい眠気が出ますし、生薬の作用で身体全体の血行が良くなります。

※『薬用酒』参照

半身浴や温冷浴・ゲルマニウム温浴などによって、あらかじめ身体を温めておくのも有効ですね。

様々な湯たんぽ


湯たんぽと言えば、その名の通りお湯を沸かして中にお湯を入れるものがメインでした。しかし、最近ではいろんな種類の湯たんぽが登場していきています。レンジでチンするだけで、朝まで温かさが持続するジェルタイプの湯たんぽなどが代表的ですね

。値段もリーズナブルで、低温やけどの心配もないので、おススメです。同様のタイプのもので、首元を温めるものなども発売されています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加