半身欲で冷え性対策

半身欲なら体を芯から温めることができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

半身浴とは、ぬるめのお湯に20〜30分ほど浸かる入浴方法です。心臓への負担が弱く、熱いお湯が苦手な方でも長時間浸かることができます。そのため、普通の入浴法より温熱効果が高いのが特徴です。

半身浴の具体的な方法


半身浴は、体温より少し高い程度のお湯に数十分浸かるというものです。通常の入浴では、40〜43度ほどの温度設定をするのが一般です。しかし、半身浴では体温よりやや高い程度、37〜40度程度のお湯を利用します。

ぬるいお湯を用いることで、より長い時間入浴することが可能となります。これにより、肌の表面だけでなく、芯まで温めることが可能となります。その名前の通り、全身肩までつかるような入浴はしません。水位は、ヘソから心臓の下あたりまでで調整します。

冬には肩が冷えてしまうこともあるので、温まるまではタオルをかけるなどすると良いでしょう。浸かる時間は、20〜30分を目安にしましょう。20分未満だと、半身浴の効果を十分に発揮することはできません。あまり長すぎても、湯あたりが出てしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク


どうして半身浴は温まるのか?


半身浴が冷え性改善に効果的な理由、それは単純です。より長い時間入浴できるから、体の奥まで温めることができるからです。熱めのお湯につかる通常の入浴方法では、すぐのぼせて上がってしまうので、体の表面しか温めることができないのです。

長時間体を温めることで、血液が体内をめぐり血の流れを良くする効果も得られます。血行不良は冷え性の大きな原因の一つですから、これを改善することで冷えを解消することができるわけです。

半身浴の様々な効果


半身浴には、冷え解消の他にもさまざまな効果が認められます。

<血行改善>

上記で説明しましたように、全身の血のめぐりを良くすることができます。

<疲労回復>

血流を良くすることで、体内に溜まった乳酸を押し流して分解を早めることができます。これによって、疲れ・だるさを取ることができます。凝り固まった筋肉をほぐすこともできます。

<ストレス解消>

ゆっくりお湯に入り、汗を流すことで緊張を緩和することができます。熱めのお湯だと、交感神経が活性化して興奮状態になってしまいますが、ぬるめのお湯だとこのような心配もありません。

<美容>

通常の入浴方法よりも、大量の汗を流すことができるので、体内の老廃物などを汗と共に流すことができます。毛穴の詰りが取れ、肌のきめも細やかになります。美容面でも半身浴は有効なのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加