羽毛布団は冷え性の方におススメ

羽毛布団は保温性能が非常に高い

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性の方は、寒くて寝付けないという場合も多いのではないでしょうか。安眠は人生のエッセンス。質の良い眠りを過ごせるかどうかで、日常生活のクオリティが全く違ってきます。冷えがつらい方は、寝具に羽毛布団を導入するとよいでしょう。

羽毛布団は、保温性能が非常に高く熱を逃しません。ですから、温かく感じ、安らかな眠りを過ごすことができるのです。羽毛自体が発熱するわけではないので、湯たんぽや電気毛布などと併用するとなお一層効果的です。

羽毛布団が温かい理由


冷え症の方が、羽毛布団を使用するべき理由。それは、羽毛が温かいからに他なりません。羽毛布団には、水鳥の羽(ダウンと呼ばれます)が使われています。

水辺で生活する鳥は、水を弾いて浮かぶために、中に大量の空気を溜め込むことができる羽を持っています。内部に中空の層を持っていると、保温性が高くなります。建築物の断熱材に発砲スチロールなどが使われるのも、このような性質を空気が持っているからです。

保温性が高いということは、布団の内部の熱が外に逃げないということです。自身の体温によって、毛布の中の温度はぐんぐんと上がっていきます。汗をかいても、高い吸湿性を持っていますから、冷えの原因となることもありません。これが、羽毛布団が温かく感じる理由です。

発熱するわけではない


上記の説明からも分かるように、羽毛自体が発熱効果を持っているわけではありません。そのため、体温があまり高くない方は、羽毛布団だけではあまり暖かく感じないこともあるようです。このような場合には、湯たんぽや電気毛布などを併用して、布団内部の温度を上げるようにするとよいでしょう。

羽毛布団の選び方


最近では、量販店などで格安で羽毛布団が売られています。少しでも安くしたい、という場合にはこれらの商品を購入しても問題はありません。もちろん、安かろう悪かろうといいう点はあります。

羽毛布団の価格を決めているのは、羽の種類・質、軽さ、キルティング加工などです。安い商品は、これらのうちどれかを妥協しているのです。羽毛布団を購入する際には、羽の混合率をまず確認するようにしましょう。羽にはダウンとフェザーの2種類があります。

ダウンの割合が多い方が、保温性が高くなります。かさ高という数値も重要です。これは、羽の質を表す数値で、高ければ高いほど良質のものとなります。寝具専門の店などで、しっかりと説明を聞きながら選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加