むくみと冷え性の関係について

むくみの原因は冷え性にある

このエントリーをはてなブックマークに追加

「むくみ」と冷え性で悩んでいる方は、女性を中心として非常に多く見られます。実は、両者の間には深い関係が存在しています。

体が冷えてしまうことで、血やリンパの流れが悪くなり、体内に老廃物が溜まってしまうのです。これがむくみの原因となってしまうのです。むくみを解消するためには、冷え性改善を目指し、運動を意識的に行っていくようにしましょう。

むくみのメカニズム


皮膚の下の組織に余分な水分が溜まってしまった状態を「むくみ」と呼びます。冷え性の場合には、顔や手足に症状が出ることが多いようです。人体の70%は水分によってできています。そのため、水を上手にコントロールしていく機能が非常に重要となってきます。

通常は、水分のバランスが乱れてしまっても、飲料を補充したり排尿をしたりすることで調整をすることができます。しかし、体内環境の制御機能にトラブルが発生してしまうと、余分な水分(老廃物)が内臓や脚などに溜まってしまいます。これが皮下組織に蓄積することで引き起こされるのが、むくみです。代謝の悪化や自律神経の乱れが、むくみの原因です。

冷え性とむくみの関係


冷え性になると、血液の循環が悪くなります。その結果、栄養や酸素が体内に十分に届かなくなり、代謝が悪くなってしまいます。有害物質も蓄積され、老廃物も多くなってしまいます。リンパの流れも悪化します。これらはすべて、むくみ発生の一因です。

また、冷え性の方は自律神経にも不調をきたしている場合が多いことが知られています。自律神経は、体内の水分量を調節する重要な役割を果たしています。身体が冷えることで、腎臓の働きも悪くなり排泄機能も低下してしまいます。

その結果、老廃物がどんどん増加してしまうのです。このように、冷え性とむくみとの間には、切っても切れないような深い関係が存在しています。

むくみを解消するために


症状を改善するためには、以下のような方法が有効です。

1.冷え性を改善する

むくみの根本原因となっている冷え性を改善することが、一番の解決策です。冷え性の改善方法については、当サイト全体で詳しく解説をしていますので、是非参考にしてください。とはいえ、冷え性を改善するまでには、ある程度の時間が必要です。むくみを早く解消したい場合には、冷えている部分を温めて血流を促すようにしましょう。

2.運動を心がける

身体を動かすことで、血液の循環量が増えて、水分の代謝も良くなります。老廃物の排出も活発になりますし、冷え性改善にも非常に効果的です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加