体を冷やす食べ物について

体を冷やす食べ物は避けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国から伝来して最近注目を浴びている薬膳という考え方。これによると、食材は身体を温める性質を持つもの(陽性)と、冷やす性質(陰性)のものと二つに分けられます。

冷え性の方は、陽性のものを意識して摂り、陰性のものを避けるようにするとよいでしょう。知らず知らずのうちに、体温を下げる食材ばかりを食べていた…なんてこともあるかもしれませんよ。

このページでは、特に注意しておきたい食材を紹介します。身体を冷やすものの特徴は、物理的な温度が低い冷たいもの、白砂糖を使った甘い物、熱帯産の果物などです。パイナップルのシャーベットなどは、冷え性の方にとって一番悪い食べ物だと言えるでしょう。

肉・魚類


肉・魚類は基本的に身体を温めます。しかし、以下のような例外があります。

×→鹿肉・貝類(あさり・しじみ・はまぐり・たにし)・海藻類(わかめ・ヒジキ・コンブ・ノリ)・かに・タコ

野菜類


基本的に野菜や果物は、暑い地方で取れるものは身体を冷やし、寒い地方で取れるものは温める作用を持っています。夏野菜なども身体を冷やす働きを持っているので注意をしましょう。

×体を冷やすフルーツ→バナナ・キウイ・パイン・レモン・メロン・スイカ・カキ・みかん・ゆず・マンゴー
×体を冷やす野菜→ナス・キュウリ・トマト・とうがん・にがうり・白菜・へちま・ほうれん草・よもぎ・レタス・かいわれ・セロリ

スポンサーリンク


調味料類


辛みを持っている薬味は基本的に身体を温めてくれますが、ミョウガは身体を冷やしてしまいます。また、白砂糖も陰性を持っています。甘いものを取りたい時には、黒砂糖で作られたお菓子を食べるようにしましょう。

×→ミョウガ・白砂糖・オイスターソース・バター・マヨネーズ・合成酢

飲料類


緑茶やコーヒーなどは、温めて飲んでも体温を下げてしまいます。紅茶を日常的に飲むようにするとよいでしょう。冷たい飲料は、冷え性の敵です。基本的には温かい飲み物を取るようにしましょう。

×→コーヒー・牛乳・緑茶・清涼飲料水

アルコールは基本的に温める作用を持っているのですが、麦からできているお酒には注意が必要です。

×→ビール・ウィスキー

その他


豆類は、基本的に身体を温めますが、緑豆は身体を冷やします。また、豆腐に加工することで陰性になります。小麦、はと麦なども、冷え性の原因と言われています。パンなどから玄米に主食を変更してみるのも手でしょう。

×→あわ・小麦・はと麦・緑豆・豆腐・白いパン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加