冷え性の定義について

冷え性っていったい何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「身体の中心は温まっているのに、手足の先が冷えていると感じる場合」を冷え性と呼んでいます。冷えによる各症状を指して、冷え「症」と呼ぶこともあります。

身体の「冷え」で悩んでいる方は多いでしょう。冬などに寒さを感じるのは当然です。しかし、部屋の中に入って温まっても、手足がずっと冷たいまま、という場合には冷え性の疑いがあります。

西洋医学と東洋医学とでは、冷え性の位置づけが異なっています。現代の医学が冷えをどのように考えているのかを知って、冷え性改善のための理解を深めていきましょう。

冷え性は特定部分が冷える症状


冷え性とは、からだの特定の部分に冷たさを感じる体質のことです。「平熱が35度だから冷え性だ」、と勘違いしている方も多いようですが、冷え性だからといって低体温とは限りません。

※『冷え性と体温の関係』参照

「体質」に過ぎないのか、「病気」なのかについては、医学界でも見解が分かれています。ですが、身体全体のバランスを整える機能が乱れていることは間違いありません。最近では、冷え性外来もできていますから、一度診断してもらうのもよいでしょう。

※『冷え性外来とは?』参照

西洋医学の冷え性の定義


内科や婦人科など、西洋の医療の世界では、冷え性という名前の病気は存在しません。末端の血管の血流が悪化し、血行障害を起こしている状態だと捉えているのです。ですから、治療では血行を悪くしている原因を取り除くことに力を注ぎます。

冷えの症状が、甲状腺機能の低下など特定の病気によって引き起こされている場合には、西洋医療は強さを発揮します。短期で効果を出すことができるというのも特徴の一つです。

東洋医学の冷え性の定義


これに対して、江戸時代までは医学の主流だった東洋医学では、冷え性を「万病の元」として警戒しています。手足の先など特定部分が冷たくて、不快感が6か月以上続くような状態。これを「冷え性」として、きちんと定義しています。

からだの中でも、調子が悪い部分が出している危険信号として捉えているわけです。治療では、原因を一つに特定するようなことはしません。ストレスや疲れ、食事の乱れなど様々な生活習慣の乱れによって、病気・症状が発生していると考えます。

そのため、総合的な観点から、長期的・根本的な治療を行っていきます。即効性のある治療はできませんが、体質レベル・生活習慣レベルからじっくりと治していくことができるのが特徴です。

このように、西洋と東洋とでは冷え性についての捉え方に違いがあります。治療のアプローチ・特徴もそれぞれ違うので、双方を上手に活用しながら改善に取り組んでいくのが上手な方法でしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加