ホッカイロで冷え性対策

ホッカイロを冷え性対策に有効活用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性の強い味方となるのが、ホッカイロ(使い捨てカイロ)です。手に持って利用するだけでも十分な温かさを得ることができますが、最近では貼るタイプのカイロも増えています。

貼る位置を工夫するだけで、冷えの症状を劇的に緩和していくことも可能です。このページでは、ホッカイロの具体的な活用方法を紹介していきます。

手足に使う


一番スタンダードな利用方法でしょう。手がかじかんだ時に使うことで、冷えをすぐに取り除くことができます。最近では、靴の中に貼って使うことができる足用カイロも登場しています。冷えを感じる場所に直接使うことで、寒いという感覚を短期的に緩和することができます。

しかし、このような使用方法だけでは、末端の冷えを十分に取り払うことはできません。冷え性の方は、身体全体の血流が悪くなっているからです。少し間接的なように感じるでしょうが、身体の中心部分をしっかり温めることが冷え対策には重要です。

首元に入れる


首は厚着をしていても、寒気が入ってきやすい場所です。肩こり・首のコリなどが激しい方は、首の冷えが激しい方も多いでしょう。この部分が冷えてしまうと、身体全体が冷え込んでしまっているように感じてしまいます。

首には大きな血管が集中しているからです。手に持つタイプのカイロを首の後ろに入れることで、暖を取ることができます。首・肩の血行を改善して、コリを解消する効果も期待できます。

肩甲骨の下部に貼る


背中の中央、肩甲骨の下辺りには内臓の機能を調整している神経が集中しています。この部分に貼るタイプのホッカイロを用いることで、内臓の機能を高めることができます。

腰に貼る


更年期の女性などは、腰回りの冷え・違和感を感じる方が多いでしょう。腰部を冷やしてしまうと、内臓・子宮などの機能が低下してしまい、様々なトラブルが発生してしまいます。そこで、尾てい骨の少し上あたりにカイロを貼りましょう。

この部分には、大きな血管が通っているので、腹回り・下半身などの冷えを総合的に緩和することができます。このように、首・背中・腰など体の中心(体幹部)を暖めることが、冷え解消のコツです。この部分さえ温まれば、血行が良くなり末端の冷えも自然と解消されていきます。

ふくらはぎに貼る


足の冷えが激しい場合には、ふくらはぎの中央にカイロを貼ると効果的です。この部分は、足の血液を循環させるポンプの働きをしているからです。下半身全体の血行を改善することができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加