腹巻は冷え性対策に最適

腹巻は体全身を温める効果がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

末端が冷えやすい方は、腹巻で腹部を温めるようにしましょう。冷え性の方は、体幹の温度維持にエネルギーが費やされ、末端が冷えやすい状態になっています。

腹巻で腹部を温めると、体全身を温めることができるので、結果的に手足の先まで温かくなります。腹部を温めるためには、腹巻が最適です。素材などに気をつけて選び、冷え性脱却に役立てましょう。

腹部を温めるを冷えが改善できる理由


意外かもしれませんが、腹巻によって手足も温めることができます。冷え性の方の多くは、手足の先端の冷えを訴えています。そのため、あまりお腹などには気を配っていない方も多いようです。

しかし、手足の冷えの原因は、全身の熱量不足にあります。腹部など体の中心の温度を維持しようとして、結果として手足に十分な熱が行き渡らなくなってしまうわけです。腹巻を身に着けることで、体の中心の熱を維持することができます。

この部分を温かく保つことで、手足にまで十分なエネルギーが循環していくようになるのです。腹部を温め、全身を温める。このためのお助けグッズが腹巻なのです。腹巻というと、オヤジ臭いというイメージがあるので、敬遠してしまうかもしれません。

ですが、服の中に着込むものなので、外から見て気づくことはまずありません。最近では、かわいいデザインの商品も増えてきており、女性ユーザーも着実に増えています。

腹巻を選ぶ際に注意したい点


冷え性の方が腹巻を購入する際には、いくつか注意しなければならない点があります。まず、締め付けが強くないかどうかという点。あまりに腹部を圧迫してしまうようなものを選んでしまうと、血流が悪くなってしまい、かえって冷え性を悪化させてしまいかねません。

自分のサイズに合った、ゆったりとした規格のものを選ぶようにしましょう。次に素材です。羊毛・綿など、保温性と吸湿性が高いものを選ぶようにしましょう。腹部は結構汗をかきますから、吸湿性能が悪い素材だと、汗が溜まってしまい逆に冷えてしまうこともあります。

冷え性の方向けの腹巻


最近は、冷え対策専用の高機能の腹巻も販売されています。遠赤外線効果を持っているものや、ゲルマニウムを素材の中に織り込んでいるものなど、体を温める効果がより高くなるような商品です。上記の注意点を考慮しながら選んでいくようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加